バレンタインのチョコレートはあさイチ紹介のレシピで決まり!

2019年1月29日にNHKのあさイチで放映された
ジャン=ポール・エヴァンさんのトリュフゆず。
これが美味しそうすぎて、早速作ってみました。作るのに用意した材料と感想をご紹介します。(ジャン=ポール・エヴァンさんの情報も少しご紹介)

バレンタインのチョコはあさイチ紹介のレシピで決まり!

有名なジャン=ポール・エヴァンさんのチョコレートが家で手軽にできるなんて嬉しすぎです。
あさイチHP トリュフゆずのレシピ
材料(レシピより抜粋)

  • チョコレート
    (カカオ60%前後)150グラム
  • 生クリーム
    (乳脂肪分35%前後)130グラム
  • はちみつ10グラム
  • バター(無塩)10グラム
  • ゆずの果汁4グラム
  • カカオパウダー適量

とても少ない材料で家にあるものと少し買い足せば出来そうだったので
スーパーに行って材料を購入してきました。

これらが私が購入してきた商品です。
よくスーパーで手に入る品々です。
カカオ60%前後のチョコレートが見当たらなかったので明治のチョコレート「チョコレート効果 cacao72%」にしてみました。
きっと本当のレシピ通りのが良いんでしょうが、何せ田舎住まいなのですぐ調達がでません。
さらに本当はカカオパウダーを用意しないといけなかったのですが、これまたスーパーにはなかったので、ココアパウダーで代用しました・・・T T
おそらくですが、カカオパウダーにしたら風味が違うと思います。
※ココアパウダーとカカオパウダーは別物だそうです。(知らなかった)ググっった結果、簡単に言うとカカオパウダーは「焙煎していないカカオの豆を”生”で粉砕したもの」ココアパウダーは「カカオ豆を高温で焙煎し、粉砕したもの」となります。ビタミン・ミネラルはカカオパウダーが豊富。

ナチュラル カカオパウダー 500g【非アルカリ処理】【”EU有機認証” ペルー産カカオ豆100%使用】

もし手に入るようでしたらジャン=ポール・エヴァンさんのレシピ通りのチョコレート、カカオパウダーで作ると風味が違うと思います。
今回は手に入るもので、できるだけ近いものをという感じです。^^
ちょうど子供もいたので、一緒に作れました。
手順を簡単に紹介します。

1.チョコレートを刻む。

2.鍋に生クリームとはちみつを入れて沸騰寸前まで温る。

3.(2)を(1)に入れてそっとまぜる

4.常温に戻しておいたバターを加える

5.ゆず果汁を加える

6.バットにラップを敷き、チョコレートを流す。

7.バットを下から叩いて、均一にする。冷蔵庫で1日以上置く。

8.カカオパウダーを敷いた上にガナッシュを乗せカカオパウダーをまぶし、包丁で切り分けた後、またカカオパウダーをまぶす。

どれも簡単であまり器用でない私にもできました。

 
雰囲気違いますが、ご勘弁ください・・・。見た目がちょっと・・・。
作った人間がおおざっぱなのでご勘弁を。
が、食べてみたら・・・。
美味しかったんです!!
濃厚なガナッシュが口でとろけて、あとから柚子の香りがふぁーっと・・・。
一口食べて「ウマッ・・・」っとつぶやいてしまいました。
特に柚子好きにはたまらないかと思います。
ただ、子供たちには「ちょっと濃い・・・・」と言われました。
大人向きの味かもしれません。
カカオの分量が多いし、生の柚子果汁が効いてるんですね。
私も濃厚なので1粒で満足できます。コーヒーに1粒添えたら十分な感じです。
これは簡単ですし、彼や旦那さんに作ってあげたら本格的なトリュフにびっくりすることでしょう。
手軽なのにすごくお菓子作りが上手に思われそうです。

ジャン=ポール・エヴァンさんについて

その経歴を調べたら経歴と受賞歴があり過ぎで書ききれないくらいです。
けれど、そのキャリアの中で日本で働く機会もあり(「パティスリーペルティエ」でシェフとして働く)そこで日本がお気に入りの国になったそうです。
国内13店舗、パリ6店舗、台湾1店舗、上海1店舗かまえてらっしゃるそうですが、日本が多いですよね。
ちなみに国内店舗は
ジャン=ポール・エヴァン 表参道ヒルズ店
ジャン=ポール・エヴァン 東京ミッドタウン店
ジャン=ポール・エヴァン 三越銀座店
ジャン=ポール・エヴァン 伊勢丹浦和店
ジャン=ポール・エヴァン 三越仙台店
ジャン=ポール・エヴァン 三越広島店
ジャン=ポール・エヴァン 岩田屋本店
ジャン=ポール・エヴァン 三越札幌店
ジャン=ポール・エヴァン 京都店
ジャン=ポール・エヴァン 三越名古屋栄店
ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー丸の内店
ジャン=ポール・エヴァン ジェイアール京都伊勢丹店
ジャン=ポール・エヴァン 伊勢丹新宿本店

公式HPより

伊勢丹と三越にありますね。あまり都会には行かない我が家ですが、伊勢丹は大好きで店舗があるそうなので行ったら寄ってみたいです。
ネットでも購入できます。

まとめ バレンタインのチョコレートはジャン=ポール・エヴァン直伝レシピで

家庭で手軽に作れる本格的な味としてはベスト!
さすがは「チョコレート業界の法王」と呼ばれているだけはあります。(笑)
今回、レシピ通りの材料で、正確に作れませんでしたが、充分美味しかったです!
バレンタインデーで手作りチョコレートを作る予定の方にはオススメなレシピです。ただ、子供ウケはイマイチかもしれません。大人な味なので。
好きな男子や旦那さんに是非!おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です