義両親には気を使うでしょ。夫には理解してもらえない件。

こんにちは。
義両親との関係に悩む主婦です。
つい先日のことです。
朝食の時に夫が
「俺、月末に2週間出張に行くから、その間、うちの両親呼んで色々助けてもらったら?」
と、言ってきました。
な、なんだと・・・?
私は耳を疑いました。
小学生しかいないわが家でしかも在宅ワークで1日中私は家にいます。
そんな家に2週間義両親が滞在する?
そして夫はそれが助けになると思っている!?
嫁の立場を全くわかっていないようです。
今回はなぜ夫とは嫁の立場がわからんのか洗い出します。
さらに嫁は義両親には気を使って神経すり減らすのは普通の状態上だと理解したで
義両親と嫁の関係を夫が理解しない場合、嫁はどうしたら良いのかを考えていきます。
世の義両親との関係に悩む主婦の方に読んでいただけたら幸いです。

今回の夫の発言の問題点

さて、今回の夫の爆弾発言の裏にある夫の考え方を考えます。
まず、夫が考えていることは・・・

1.夫は「家族なんだから」助けになるだろうと思う。

そりゃ、夫からしたら自分を育ててくれたかけがえのない両親。もちろん家に来てくれても大切でしょう。
子供の頃から、お父さんはいつも一緒に遊んでくれたり、アドバイスをくれたりしたかもしれません。
お母さんは美味しい食事を作ってくれて、洗濯をしてくれて、気持ちいい布団に寝かせてくれたかもしれません。
自分の家に両親がきてくれたら、それは居心地いいでしょう。
私だって自分の両親だったら嬉しいですよ。
が、嫁からしたら義両親が泊まりにに来ることは本当に大変なんです。
嫁は「試される。」時がきたとしか思えないのです。
嫁は義両親に、甘える訳にも、わがまま言う訳にもいかないのです。
「家族なんだから、気にしないで。」
「もう家族なんだから」
という言葉ほど、嫁を苦しめるものはないと思っています。
唐突に「家族」にされた状態で、いきなり知らなかった人たちと「馴染め」って言われる訳ですから、なんと無理矢理なんでしょう。
義両親は一緒にくつろぐ相手ではなく、気を使わなければならない方たちなのです。
義両親が滞在中、嫁は気を使い、緊張のしっぱなしです。
夫は自分の親だからわからないです。
義両親宿泊で嫁が助かると思う夫は激しく誤解しております。

2. 義両親が来ることで逆に家事が増えることを理解していない。

夫は義両親が来たら、「ご飯も作ってくれるし、習い事の送り迎えもしれくれるかも。」と言いました。
夫は義両親滞在に潜む、増える家事の負担について何の予測も働かせていません。
まず、食事。
朝・昼・晩3食きっちり作らなくてはいけなくなります。
一人、もしくは私と子供だけだったら、相当適当に済ませられる食事も義両親がいるとなれば3食きっちり作らなければならなくなります。
仮に義母が料理を手伝ってくれるとしましょう。
最初に我が家の台所に入り、IHの使い方、調理器具の使い方、食器の場所の説明をし、食材を義母用に調達し、献立の決定し、食器を誰が洗うのかを決めたりしなければいけません。さらに台所を全部見られるというストレス付きです。
食事を手伝ってくれる。に潜む作業がどれだけ増えることか。
さらに、習い事の送り迎えはしてくれるかもしれません、
が、習い事の場所がわからないんだからそれを地図で書くか、1回一緒に行って場所と段取りを説明しなきゃいけないじゃないですか。
何時にどこも伝えなくては行けません。
さらに、「庭も掃除してくれるかも」と言いましたが、そんなことをがっつりさせられるわけないです。
また、仮に庭を掃除してもらったとして、シャワーの用意、さっぱりした飲み物・お菓子の用意が待ってるでしょう。
他にもあります。
お風呂、布団の用意、洗濯、トイレなどはどうなるんでしょう?
しかもです、義父はトイレを立ってするタイプです。
私にはこれが耐えられないです。
嫁の立場から「座ってしろ」と言ってもいいんでしょうか。
ちょっと想像をめぐらしただけでも、色々心配事が浮かんでしまい、落ち着きません。
夫が少し想像力を働かせてくれたら、私の不安もわかってもらえると思うのですが。

なぜ、義両親とは合わないのか?

なぜ、義両親と嫁は合わないんでしょう。

1.「家族なんだから」を理由に面識もなかった年上夫婦と過ごす無理さ。

さっきも触れましたが、唐突すぎるんですよ。
夫とは何年も付き合ったり、お互いの性格を確認しあって、
これなら大丈夫だ。一緒にやっていける!
という確信を得てから結婚します。一緒に家族になることをあんなに慎重に決めるのに
その直後、義両親とはほぼ面識なし、予備知識なしで、「家族」になっちゃうんですよ。
そりゃ無理も出ると思いませんか。TT
しかも義両親の立場は「親」。
どんなに変わり者のご夫婦だったとしても「親」と呼ばねばならない辛さがあります。
さらに、自分の親にカチンと来ることを言われたら言い返せますが、
知り合ったばかりの年上夫婦に何かバッサリと言い返せるでしょうか。
いいや、遠慮しちゃうと思います。
遠慮がちにもなりますよ。

2.嫁は立場が弱いという事実

夫はそりゃいいでしょう。ですが嫁は義両親に対し立場が弱いと言えます。
その弱い立場にいる上に、さらに嫁として常に評価をされている感じがして仕方ありません。
常に、嫁なんだから「息子と子供の面倒みとけよ」という無言のプレッシャーを感じ、
うちに来た嫁なんだから立派に勤めてもらわんと困るという圧力を感じます。
これは思い込みなのでしょうか?
嫁は「家族」の中で急に「嫁」という、孤独に戦わないといけない立場です。
○○家という家族に入った時の、途端の立場の弱さ。
こんなものが欲しくて結婚したわけじゃありません。
かといって、真っ向勝負にでるつもりはありません。
私だって最初から拒絶するつもりもないです。
確かに夫の家族ですからできたら、一緒にやっていきたいとは思ってます。
ですが、嫁なんだから、という理由だけで。遠慮なくあれこれ言われるのは苦痛なんです。
私は嫁にいってしばらくした時
義父「いつまでもお客さんじゃあ、困るんだよ。動いてもらわないと」
と言われました。
一瞬固まりました・・・理解が難しかったのですが、考えれば「嫁として働きが悪い」と言われたって事かと思いました。
家族が助け合うのはいいことと思いますが、嫁だから動けと言われた時はショックでした。
そういう立場なのかと・・・。
そして、この立場は嫁で有る限り、ずっと変わることがありません。

義両親との関係を悩む嫁。どうすれば楽になるのか?

1.夫に理解をしてもらう。(かなり難しい)

一番いい方法は夫に嫁というこの難しい立ち位置を少しでも理解してもらうことです。


以前にもこの本を紹介しましたが、嫁の立場からもぜひ夫にこの本を読んで欲しいと思いました。
本来この本は、妻との関係に悩む男性を救済する為の本のようですが、妻からも自分の思いを理解して欲しいという気持ちからぜひ読んでもらいたい本です。
女性としても共感できるポイント多数です。
この本を読んでいると女性脳と男性脳の違いがわかり、
ああーー、夫は私の今のこの思いわかんないんだろうなーと思います。
そうなると脳科学的に男性には理解しづらいだろうなと思い、
一種夫に対し「あきらめ」られます。
この本によると、女性は男性より周囲の状況を的確に判断し、周囲の人の感情を見抜き、状況によって、柔軟に対応しているそうです。
それは本能みたいなものでそうなっているのです。
動物は子育てをしている最中は敵に襲われないように常に周りを警戒しますよね。
例えばメスライオン。
子育てをする時に、周囲に敵がいないか、アンテナを張り巡らせながら、子供に食事を与えてますよね。
状況を確認しつつご飯を与えてます。
こんな本能が女性に備わっているんです。
食事の時間でも常に周囲に警戒しつつ、アンテナ張りつつご飯を作れるのが女性。
それは女性である義母も同様です。
子育てを終えたとは言え、元メスライオン。
自分のナワバリをもち、アンテナを張りつつ食事をしているはずです。
人間の女性にとってのナワバリは台所。
台所はお互い重要な縄張りであり、義母と嫁は一緒にいる間、テリトリーをぶつけ合って食事をするんです。
そんな状態での食事が緊張を産まないわけないのに、夫はオス(男性)なんで理解してません。
夫(男性)は、義両親との食事一つとっても、女性の感情がどれだけ揺れ動いてるか知らずに食事をしてるんじゃないでしょうか。

だから、本当は夫にここを理解してもらうことが重要なのですが、ここがなかなか難しいところです。
ですから私はこう言いました。
夫に「もし、自分が私の両親と2週間一緒に暮らしてって言われたらどうする?」と聞いたら、
「う、うーん」と困り顔でした。(まあ、そうでしょう。普通に気まずいでしょう。)
少しずつ、嫁の辛さをわかってもらえるよう、コツコツ、ちょっとずつ理解してもらっています。

嫁が楽になる方法。出来るだけ距離を置く、本当はお互い外で会うのが良い

義両親との関係に悩む嫁はとにかく距離を置くのが一番です。
距離を置くのがいいでしょう。
だって普通に気を遣う年上夫婦と付き合うなら、時々がいいと思いませんか?
もし、資金に余裕があるのなら、義両親を交流する時はお互い外がいいです。
台所などナワバリとなってしまう場所を犯すことない場所を選ぶんです。そうすれば、気軽に喋ることができます。
一緒に旅行に出て、ホテルに滞在して、食事の心配もなく、周囲の観光地を楽しみながら、会話するのが一番です。
義両親も旅先では若い者に頼ってくれて、嫁の立場も上がるでしょう。
旅行は流石に無理ならば、義実家に行っても、食事は外食がいいです。
本当がいつもこうならいいんですけどね。
付かず離れずが一番ですよ。

まとめ

今回、突然の夫の爆弾発言にひっくり返った私です。
2週間の滞在が本当に来るかは決まっていません。
ただ、世の中の大抵の嫁は義両親が長期間泊まりにやってくる時
ただただ気を使う
ということを夫に理解してもらいたい!!
ぼやきに近くなっちゃいましたが、誰か理解を得られれば・・そんな思いで記事にしました。
ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です