嫁姑はなぜうまくいかないのか?その理由と解決方法【嫁姑問題完結編】

こんにちは。

姑と上手くいっている嫁は世の中にどれ位いるでしょうか?

もしかしたら世の中には「超うまくいってる!姑大好き!」という方もいるのかもしれません。

そういう人が羨ましいですが、私は姑とそうではないし、そんな仲良しな嫁姑の関係をもてている人を周囲でもあまり聞きません。

ママ友から話を聞くと、姑との関係にストレスを感じつつ、気を使いつつ、過ごしているようです。

私もその1人でしたが、今回、私の中でずっとモヤモヤしてきた嫁姑問題に終止符を打つことにしました。

嫁と姑がなぜうまくいかないのか?一体どうすればいいのか?悩んできませんでしたか?

私がずっと悩んできました。

この記事では上手くいかない理由と解決方法を書いています。

解決方法はもしかしたら、「は?そんなこと?」と思うものかもしれませんが、他に方法はありませんでした。

今回はそのことを書き、この問題は終わりしたいと思います。

だれか1人でも悩むお嫁さんが読んでくれて、解決への手がかりになれば幸いです。

結論:嫁と姑はうまくいきません。が、うまくいかせる必要もない

 

結論からいうと嫁と姑は、構造的にも上手くいきにくいです。

後述しますが、仕方ないことです。

が、無理にうまくいかせる必要がないです。

もう、普通にしていればいいんです。

ポイントは嫁姑バトルもする必要はないし、お互いを極端に憎んだり、

自分がいけないのかしら・・と負い目を感じて悲しんだりする必要もないです。

ただ、上手く行きにくいので、姑とはそういうもんだ。と考えておき、

もし、折り合いがつかなかったら自分が何か回避方法を考えれば良いんです。

私はそう思うことにしたら、急に心が軽くなりました。

 

姑との関係に悩んでいた頃・・

私は生来の「気にしすぎ」でちょっと言われた一言をかなり引きずるタイプです。

だから帰省で義母に言われる一言が気になって、1人病んでいました。

夫には理解してもらえませんでしたから。

こちらは私が今まで嫁姑関係で悩んで書いてきた記事一覧です。

結構書いてますね。

シリーズかっ

もしよろしければ読んでいただければとは思いますが、

私は義母の一言に「ダメ嫁」とレッテルを貼られていると感じ、そんなに自分が悪いのかと悩んでおりました。

色々詮索されるような質問にも「詮索はもうやめて!そんなに私のやり方が間違ってる!?」とイライラしていました。

嫁姑関係には上手くいかない理由があると思ったのは、

前述の記事【帰省したくない】義実家に居づらい理由はこれだった。おすすめの本。にも書いた、ある本の記述です。

「女」×「女」は(特に母親になった女性)実は半径3メートルほどの自分のテリトリーを持ち、牽制しあっている。

と言うことや、

義両親と合わない?考えの違いはどこからくるのか?参考になった本  にも書きましたが、

義両親世代はメディアの伝える「理想の女性の姿」を嫁に求めている可能性があることを知りました。

嫁と姑はうまくいかないのは

理由1:嫁姑はテリトリーを犯しあう間柄である

理由2:義両親は「メディアの作り出した理想の女性(嫁)像」を刷り込まれている

と言う理由がありそうです。

これら理由だったら私が無理したり、悩んだりしても苦しいだけだ。

私にはお手上げ。「何言われようと仕方ないな」と考えるようになりました。

 

コミュニティに入って出会った嫁姑問題に悩む嫁達

 

ある時、姑との関係に悩んだ私は某嫁姑問題コミュニティに入りました。

ここで何のコミュニティに入ったかは記述しませんが、とにかく嫁と姑に悩む嫁達が集まって話し合う場所にたどり着きました。

私はそこで思いの丈を話そうと思ったのですが・・・

そこには私の上をいく辛い思いをされている方達が沢山いて、私の悩みなどものすごく些細なことだったんです。

ええ!?そんな経験されてるんですか!?

みたいなエピソードが山のようで・・・涙。

毒姑・・とでもいいますか。

本当に私なんかより壮絶な経験をされているお嫁さん達が沢山いて、

私なんか全然楽な方だった・・と思わざるを得ない感じでした。

聞けば聞くほど切ないし、つらい!

ただ聞く側に回りました。

特に同居のお嫁さんで辛い目にあっている方は24時間逃げ場なし、休まる暇もないとのこと

私は義両親とは別居なので、嫁姑問題といってもそこまで根深くなりませんでした。

だって離れられるんですから。

そこで気持ちが変わりました、私なんか泣き言を言っていいレベルじゃない。と。

 

そのコミュニティで出会った一言

 

そのコミュニティで1人の女性に出会いました。

年齢はもう60代。子育ても終えてお子さん達は独立され、

「ひどい人だった」というお姑さんは病気をされ、その女性は姑を最後まで介護し、現在はお姑さんは他界されたそうです。

「姑には何を作ってもまずいと言われた、毎日暴言を浴びせられた」と言うその女性のアドバイスが忘れられません。

「姑をどうして理解してくれないのが、変わってくれないのか、と恨んでも、姑は性格は変わりせんよ。」

「年齢が上になればなるほど、人が変わりにくくなる。変わるなら自分が変わった方がいいですよ。」と。

そういえば、確かに、

メンタリストDaigoさんも、「相手を変えるのはすごく難しいんですよ。だったら自分が変わっちゃった方が早いですよ」

とよくYoutube動画でおっしゃってます。(急なDaigoさんですみません。よく見てるもんですから)

そんなわけで私は自分が前向きならないといけないと考えました。

姑を恨みに思って、愚痴を言っていても自分の人生は好転しない。

だったら、自分が考え方を工夫して、変えていこうと思いました。

自分が変われたきっかけになった本

私が考え方を変えるのに、役に立った本を紹介しておきます。


 


 

この2冊を読んでから変われた気がします。

嫁姑問題とは直接関係がない本ですが、人間関係全般に深く関わっており、

嫁姑の間柄だけでなく、仕事関係、家族関係も好転した気がします。

気が付いたのは、私は言われた一言を自分の中の不安と混ぜて、相手は悪意を持って言っている。と解釈し、

自分で相手への恐怖や怒りを増大させていたということです。

それはまるで、自分で敵を作って、その敵を自分で大きく作り直し、戦おうとしていたようです。

ビビりらしい行動です。

この2冊を読んでから私は「相手を受け流す」技術を身につけられるようになり、あまり病まずに、より自分らしくいられるようになったと感じています。

まとめ

嫁姑はなぜうまくいかないのか?

という疑問には、元来うまくいかない(ということが大いにある)と言えます。

解決方法としては、無理に上手くいかせる必要はないし、バトルもしない。超絶仲良くなる努力も必要ない。

そういうこともある。と受け止めて、自分も相手も責めない。

嫁姑問題があるなら、相手を変えるのは難しいから、こちらが上手く工夫してやっていく。

これを今のところ解決策としています。

その上手くやる工夫が難しいんですが。^^;

とにかく感情に振り回されるすぎると、ストレスが増してしまいます。

嫁姑は悩ましい問題ではありますが、上手く乗り越えたいですね。

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です