パートが辛かったので辞めました。在宅ワークで心穏やかに暮らそう!

こんにちは。
パートに出るのを辞めた主婦です。
2019年7月16日にパートを退職願いを出しました。
無事に認められ、在宅ワーク1本で暮らしていくことになりました。
パートを辞めた途端に信じられないくらい心が軽くなりました。
今日は在宅ワーク1本になって感じたメリットとデメリットを紹介します。
もし、今お仕事を探しているようでしたら、ぜひ参考にしてみてください。
在宅ワーク、かなりおすすめです。

在宅ワーク1本になって実感したメリット

在宅ワークだけになり、よかったことを書いていきます。

人間関係というストレスから完全解放された!

私は極度の人見知りです。特に男性が苦手です。
もう大人なので、表面上では平静を装っていますが、男性(特に威圧的な男性)と話すのはかなりのストレスを感じています。
そのため、会社にいる男性上司がかなり苦手です。
威圧的な態度を取られたりすると目が泳ぎ、挙動がおかしくなります。
周りのママ友は私が電話で上司や顧客と話している様子を見ているとあまりにもヘコヘコしているので
「そんなに謝らなくてもいいんじゃない?」
と言ってくる程です。
そんな性格なので、パート先ではずっと緊張しており、その為かパート先から帰ってくると自宅のソファに倒れこみ、しばらく動けなくなったりします。

それになぜか私は変わった会社しか入社できないようです。
子育てが一段落したので、パートに出て1社目は3年働きました。2社目は9ヶ月で退職して現在に至ります。
友達には「よくそんな特殊な会社ばかり見つけてくるね」と言われる位の激レア環境の会社しか当たりませんでした。笑
どんな会社だったかというと、1社目はご夫婦&私が1部屋で仕事し、私だけ居候みたいな状態の会社でした。
お昼は狭い事務所でご夫婦がテレビを見ながらソファでランチをし、私は背を向けて一人PCデスクでお昼を食べていました。
ご夫婦がキャッキャとネットで買い物したり、子供を連れてきておやつを食べてわいわいやっていても文句はいえませんでした。(上司のリビングルームにいるような職場でした)その間私は透明人間。辛かったです。
2社目は、24日連続無休で出勤している先輩上司がいたのに誰もいたわりもしない、心配もしないという過酷な職場でした。
日々疲弊していく私の大好きな先輩上司が退職した時、私もいつか退職しようと思いました。

上司が退職を決めた時、会社が合わないと感じました。

また、その職場には睡眠障害があるという男性役員がいて、朝出社するとその人が床に寝ています。ゾンビが寝てるみたいでした。
正直、怖かったです。
しかもお風呂にも入らず、そのまま会社にいたので、その人はすごく臭かったです。
社長はその役員を見てだらしないと厳しく叱責し、さらに八つ当たりのように私たちにも叱責をするので職場はいつもギスギスしていました。
両方の環境に馴染めず、2つの会社とも逃げるように飛び出したわけですが、(この2つの職場、普通に馴染めます?)
今、信じられないくらい心が安らかです。
なんでもっと早くこうしていなかったのだろうとさえ思います。
毎朝動悸を抑えながら、出社していたのが嘘のようです。
嫌な職場に行かなくていいんですからTT

時間の自由。好きな時に自分のペースで仕事ができる。

子育て中です。色々な学校行事もあります。子供達は風邪も引くし、怪我もします。
パートで働いていた時は、仕事の都合、上司の機嫌、この間、急な子供の発熱で会社を休んだから、今回は休まないでおこう。など色々考えながら仕事の休みをもらっていました。
繁忙期は残業もあるし、休めば相当謝らなくてはいけません。
でも、在宅ワークだったら仕事のノルマを把握しておけば、好きな時に自由に出歩けるんです。
家にいれば宅配便も受け取れますし、掃除や料理と平行しながらでも仕事ができます。
なんてありがたいんでしょう。
仕事をして疲れすぎたら、ソファで仮眠をとってリフレッシュしてから仕事を再開することもできます。
モヤモヤとあの用事をこなしたい、あの行事に出たいなど考えないでも行きたい時に外に出られるのがいいです!

メリットはこの2つが大きいです。
人間関係のしがらみからの解放時間の自由を手に入れられただけでこんなにも楽になれるとは思いませんでした。
自分で仕事を持っている方は昔からこんな自由を持っていたってこと・・?
もっと早く知っておくべきでした。

では、次に在宅ワークのデメリットを考えたいと思います。

在宅ワークのデメリット

いいことがある反面、在宅ワークにはデメリットもあります。

収入が減る。(というか自分次第)

なんのスキルもないまま在宅ワークを始めたばかりの時は、本当に仕事がありません!
まずはアンケートに答えたり、ちょこっとしたリサーチやライティングから細々と仕事を始めます。
私も昔は月収2000円とかでした。
自分で自分の家に仕事を引っ張ってくるのはなんと難しいことでしょうか!
パートにいけば、そこに仕事が用意されていて、半自動的に仕事をこなし、帰って来ればいいだけで、それで時給がもらえました。
しかし、在宅ワークではそうは行きません。仕事を探す。という作業が必要になります。
ランサーズやシュフティなどクラウドソーシングに登録して、応募して仕事を見つける必要があり、そこで採用されたらきちっといい仕事をして次に繋げていかなければなりません。
自分という人間を信用してもらうのに結構時間がかかります。
そこから次に繋げていけば、仕事が頂けるようになります。
最初収入が低いかもしれませんが、数をこなしたりと経験を積んでいるうちに収入も増えていきます。
徐々にステップアップして、低い収入から上げていかなければなりません。

メンタル萎えたらそこで終了(やはり自分次第)

在宅ワークでは自分のやる気次第で収入が変わってきてしまいます。
自分の気持ちの中で「めんどくさい」が勝ってくると、やる気を無くしてしまい、仕事が減ってしまいます。
将来まで継続的に仕事が頂くには、自分で頑張らないときついです。

在宅ワークは自分の頑張り次第です。収入が少なくなるのも、仕事が不安定なのも自分次第で決まってしまうところが多いです。
でも、このデメリット。パート先での辛い人間関係に比べれば何てことないと思いませんか?

在宅ワークはメリットがデメリットを上回ると思う。

デメリット・メリット両方を紹介しましたが、私はやはり、メリットがデメリットを上回っていると思っています。
付き合いたくない人たちと付き合わなくていい。これだけで幸せです。
そして、忙しい母親業がある主婦にとって時間の自由は何より貴重。
家族のために少しでも収入を増やして幸せになるために仕事をしていたのにイライラをストレスを溜め、時間がないと焦るるばかりでは何のために働いているんだかよくわかりません。
自分の大事な時間を嫌だと思いながら、時給の為だけに使っていいんでしょうか?
それではあまりに勿体ないなあと思ってしまうわけです。

じゃ、どう始めればいいの?

そんな魅力ある在宅ワークですが、一体どうやって始めたらいいんでしょうか?

まずは登録

何はともあれとりあえず登録してみることをオススメします。
日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

「主婦」の働くをサポート!シュフティ

どれでもいいです。肌にあったサイトがあると思うので、そこで始めてみてください。
私は3つとも登録しています。

在宅ワークセミナーに出てみる

なんかやっぱり怖い・・。というのであればまず、市やNPOが主催する在宅ワークセミナーに出てみるのも手です。
市が運営しているセミナーであれば騙されることも無いでしょうし、安心ですよね。

主婦向けの在宅ワークセミナーに参加して、色々学べた件

まずは小さな一歩を踏み出したら変わると思います!
是非とも、何か小さな行動を起こしてみてください!
登録して、何か一番簡単そうな仕事をやってみてください!

あ、ここで注意が必要です。

注意
よくネット上にすぐ儲かる!みたいな情報が載っていますが気をつけましょう。全く儲からないことほとんどです。初期費用がかかるような仕事は大抵怪しいですし、いきなり大金が手に入るわけはないので仕事を即辞めたくてもコツコツ行きましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どうにもならない人間関係から解放されて、時間の自由と収入を手に入れられたことは何ものにもかえがたいです。
在宅ワークで心穏やかな暮らしを手に入れてみませんか?
嫌な人から解放されて、幸せになる方法ってそんなに難しくありませんでしたよ。
ちなみに私の現在の収入はパートで働いていた時とほぼ同じです。
がっつり稼げている人もいて羨ましいですが、今私はこれで満足してます!
だって人間関係がないですもん!
いい時代になりました。
是非やってみてください。
ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です